赤ちゃんモデルのオーディションでスターになる【準備も多少は必要】

カメラマン

事務所もサポート

赤ちゃんモデルになるためには、大きく分けて二種類あって、その一つは事務所のオーディションに合格することです。二つ目は、企業が行なっているオーディションに直接応募する方法ですが、ライバルが多く事務所に所属している赤ちゃんが優先されるケースも多いです。

詳しく見る

MENU

ステージ

自然な表情を引き出す

赤ちゃんモデルになるには、まずオーディションでどれだけ自然かつ、いろいろな表情を引き出せるかにかかっています。そのためにも、親は子供の自然な表情を出せるように様々な対応をしてあげることが重要なポイントだと思います。

詳しく見る

レッドカーペット

一生の記念になります

赤ちゃんモデルになるには、オーディションを受ける必要があります。オーディションには一般公募と、事務所主催のものがあります。子育て雑誌やサイトに広告が出ているのでチェックしましょう。オーディションは書類審査の後面接という流れになります。

詳しく見る

赤ちゃん

我が子をモデルに

今、赤ちゃんモデルが引っ張りだこです。赤ちゃんの存在は、モデルだけでなく、ドラマや映画でも重要です。赤ちゃんのオーディションは、人見知りも懸念されますが、最近は赤ちゃんに負担を掛けない方法も工夫されています。

詳しく見る

フィルム

気持ちよく合格する

赤ちゃんモデルのオーディションでのルールやマナーは主に3つある。時間厳守、オーディション会場が狭い、マイペースで他の赤ちゃんモデルのペースを乱さないようにすることで、お互い気持ちよくオーディションを受けることができ、合格率も上がる。

詳しく見る

モデルの仕事の仕方

赤ちゃん

子供ならではの準備

赤ちゃんモデルのオーディションに応募する場合も、大人と一緒で写真を用意しなくてはいけません。これはベストショットと思えるような写真を何枚か用意して、募集先まで送りましょう。そのあと無事赤ちゃんモデルのオーディションの一時審査に合格したら、次は二次審査に移ります。二次審査は面接になるので、必要な衣装や持ち物を揃えて準備万端で審査を受けましょう。ちなみに赤ちゃんモデルのオーディションには、いつものお出掛けグッズにオモチャやお菓子などお気に入りの物を多めに持っていくと便利です。とにかく会場でグズってしまうと審査になりませんので、一日中ご機嫌でいられるような工夫をしてください。他にも、オーディションまでに赤ちゃんモデルに日焼けをさせたり病気にさせないことが大切です。そこを怠ったばかりに、せっかく合格しても仕事をキャンセルしなくてはいけなくなることもよくあります。また赤ちゃんを連れていく親の方の準備も多少は必要です。当日はどんなことがあってもすぐ対応できるように、動きやすく汚れてもいいような格好で行くようにしましょう。といってもあまりヨレヨレの格好では審査員の印象にも関わるので、それなりにきちんと感がある格好をしていくべきです。赤ちゃんモデルのオーディションというと子供ばかりに目がいきがちですが、実は親も含めてチェックされることも少なくありません。そこもちゃんと意識しながら審査を受けるようにしましょう。

Copyright© 2018 赤ちゃんモデルのオーディションでスターになる【準備も多少は必要】 All Rights Reserved.